PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

72日目 いよいよ出発

いよいよ出発です。
最後の朝ごはん。足元でぴょんぴょんはねていようが、もちろん怒りません。

家をでる時、ちょっと泣けた。

成田までの車中はMIMIちゃん寝っぱなし。
到着後車の中でおしっこマットを引いておしっこをさせる。

成田で検疫所に行くのにあっちへ行かされこっちへ行かされ、
聞く職員すべてが違う事を教えてくれます。
まずは出発ロビーのインフォメーションで2階に行けと言われ、
2階のインフォメーションでは暗証番号を教わり
(そんな簡単に教えて良いのか?)
職員専用通路を通ろうとするもドアが開かない。
後ろにいた職員さんに1階の警備員の所からしか入れないと言われ、1階へ。
警備員は2階のインフォメーションで男の人と一緒に2階から入れと。
男の人はいなかったと伝えると呼んで貰うのが決まりですからだって。
またまた2階のインフォメーションでその事を告げると、勝手に入れと。
さっきは入れなかったと言うと、暗証番号間違えてましたって。

とにかく入るまでカートを押しながら行ったり来たり。約15分。
一度も身分照会されませんでした。大丈夫か?成田空港。

検疫所では予めFAXをしていたので証明書は作成済みでした。
目視程度の健康診断ではいおしまい。
検疫証明書と検疫済みのタグをキャリーに貼って終了。(約20分)

あんなに不安だった割にはあっけなく終了しました。
後はチェックインです。本当に客室持込みできるのか?ちょっとドキドキ。

カウンターで隣は動物アレルギーの人だと困る!
と主張し、2人席で隣をブロックしてくれた。ラッキー!

お次は犬の重量でも測るのかと思いきや、ろくに犬なんか見もせず
料金は荷物の超過料金2個分ね。と言われ、「はぁ?」と言う感じでした。
だって総重量5kgのために体重を増やせないから
ご飯の量を2週間も半分しかあげてなかったんだよ。
育ち盛りの生後2ヶ月の子犬が毎日腹ペコさんだったんだから。
量らないんならもっとご飯をあげてたよ!まったく。
しかも荷物の重さではなく、個数で料金が決まってるってのもおかしなもんだ。
(わずか4.4kgだって言うのに運賃39,500円もとられた)
でもとりあえずは機内持込が出来るので良しとしよう。

その後、展望デッキで人間が軽く食事を済ませ、
トイレ隣のおむつ替えとかできる小部屋でこっそり出して最後の別れを。
出国審査の所で号泣。フライト中おりこうさんでいられれば良いな。
頼んだぞ!従兄弟。(従兄弟が連れて行ってくれます。)

帰宅後、1匹足りない我が家はとても静かに感じました。

ちびっこの成長記録はこちら
MIMIちゃんアメリカへはこちら
スポンサーサイト

| 犬の輸出 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://adi.blog23.fc2.com/tb.php/57-c0ac6f8b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。